1600年9月15日午前7時、山間の朝霧がそろそろ晴れようかという頃、福島正則隊の陣所の横を急ぎ足で西へ進む1隊、いや2隊があった。
美濃平野の西の端に盲腸のように突き出た不破の関、関ヶ原のいつもとは違う朝の光景である。
餌を漁っていた鳥たちは、この異様な殺気に感付いたのか、付近の山を目指して飛んで行った。

福島正則隊の物見からの報告、
「真っ赤な井伊隊そして葵の御紋、西へ向けて駆け抜けし候!!」

「遅れを取ったか!! 皆の者、行くぞ!!」
と正則、もう騎馬で駆け出した。

昨夜遅くの家康本陣の軍議にて、福島に申し渡されたことがある。
「正則殿には先鋒をのう…。不慣れな土地じゃから日が昇るまで待って、鉄砲を撃ち込んでくれよのう」
朝霧が晴れるのを待ったばかりに、しびれを切らした家康軍艦の井伊・松平に先に行かれてしまった。
命令違反であるが、しようがない。
「者ども、急げや急げ!!」
隊全員、必死に駆けた。

駆けて天満山の麓が見えるところまで来た。
狭いところなので、ほんのひとっ走りである。
「兒」の旗差物も見える。
豊臣家5大老の1人、宇喜多秀家(うきた ひでいえ)の陣である。
井伊隊・松平隊の鉄砲方が既に隊列を整えている。
正則隊もその横であるが、恥ずかしそうに、しかし少しだけ前に整列した。

山際に敵、宇喜多隊も整列している。

百戦錬磨の正則、遅れは取ったが、待っていてくれた井伊・松平に感謝しつつ、
「かかれ!!」
と馬上、叫んだ。

時は朝の8時、霧も晴れ上がった。
関ヶ原の開戦である。

東軍右翼の黒田長政隊と細川忠興隊は鉄砲の音を合図に、笹尾山の石田三成本陣に攻めかかる。
三成本陣を守るのは島左近と蒲生氏郷。
それぞれ精鋭ではあったが、左近は右足を撃ち抜かれ、氏郷も撃ち取られてしまう。
かろうじて、山腹に設置した大砲が陣地を支えている。
宇喜多隊の善戦と合わせて、戦線は膠着状態となった。

この時の戦力は、東軍8万、西軍8万の互角になる筈であったが、東軍は、秀忠率いる中仙道行軍隊が信州上田城で真田勢に足止めを食って未だ到着せずで、半数もいない。

ただ、この足留めが家康軍に有利に作用したとの考えもある。
それは三成側へ「数少ない家康隊、組み易し」と思わせたことであろうか?
この足留め、三成軍をおびき出す家康の作戦であろうかとも思われる。

西軍は関ヶ原を包み込むような釣り針形の布陣は終わってるが、毛利本軍、小早川隊、島津隊が未だ参戦せずで、これも戦力は半分以下、局地戦状態であった。

戦場をラグビー場に例えると、三成陣のゴール横でスクラム戦を続けているようなもの。膠着状態を打開する策はなく、スタンドで観戦する者、バスで駆けつける者達の一早い参戦が望まれるようになっていた。

ここで、関ヶ原の陣形について大まかに触れる。
三成西軍は「釣り針の陣」、釣り針を東西に寝かせて、針先を北に持ってくる形である。
針先は、三成本陣の笹尾山、本陣に向かって左側の懐には、島津隊、小西隊、それに、深いところ宇喜多隊、そして大谷吉継隊。
針のシャフトの部分の真ん中の松尾山に小早川秀秋隊、さらに針の糸結びのところの南宮山、南宮大社を中心に毛利本軍。
毛利軍の後の栗原山に土佐の長宗我部隊、そして毛利の先鋒よろしく毛利軍前面には吉川広家隊が陣取っていた。

この陣形は釣り針の中に東軍が入ってくれば、たちまちに撃ち取れる。
完璧なものであったと軍事評論家には評価が高い。

一方、東軍家康隊は、家康本陣が釣り針のシャフトの松尾山と南宮山の間の桃配山に、他の部隊は平野部の中に布陣していた。
ただ、黒田隊は釣り針先端の三成陣の東側の瑞竜寺の小高い所に陣を構えた。

家康が西軍の部隊の間の山に本陣を構えたのは、戦況がよく見られるようにとの考えであろう。
しかし危ないことはしない家康、この時点では既に、西軍の小早川や毛利が寝返っていると云う確信もあったのであろう。

今思えば秀忠本隊が到着しないまま、見るからに負け戦に家康が挑んで行ったのは、大いなる確信があったからであろう。
家康は自らの手で、既に釣り針を折っていたのであった。

少し余談…。
古代中国の紀元前、春秋時代の書に「孫子の兵法」と云うのがある。
『百戦百勝は善の善なるものに非ず
戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり
敵を知り己を知れば、百戦して危うからず』
有名なフレーズであり、現代社会にも通ずる理にかなった教えである。

家康はこれを地で行った。
戦う前に、もう勝敗は決まっていたのである。
西軍武将宛てに、数百通の内通を勧める手紙を書いたと云う。
そして、外交僧、天海和尚、教如上人…、高台院(おね)、常高院(お初)の力も十分な支えとして、三成を関ヶ原に誘い出しての合戦となっていた。

戦線膠着の打開として、三成は島津隊、小早川隊、毛利隊へ参戦の使者を出したが、皆動かなかった。

島津隊への使者が馬上から、
「ご参戦を!!」
と言ったのを、
「無礼である」
として動かなかったと云う。

毛利本隊は、先頭に陣取ってる吉川隊が、
「ただいま弁当をつかっているところである! しばし待たれよ!」
と言って、追い返したそうである。
「宰相殿の空弁当」と云われる。
皆、それなりにまことしやかな理由を付けたのであった。

この頃、同じように家康も焦り始めていた。
内応している筈の小早川が山を下りてこない。
「金吾めは何を考えているか! このまま、戦が終わるのを待っているのか! 頃合いが、分からん奴め!! 松尾山に鉄砲を撃ち込んでやれ!!」

撃ちこまれて慌てた秀秋、山を下りて宇喜多隊の側面に襲いかかった。
そこへ、小早川の寝返りを予測していた大谷吉継が温存部隊で応戦し、一旦は退けたものの、小早川に連動して、西軍の脇坂隊や朽木隊も寝返ってしまったため、西軍はたちまち劣勢となった。
小早川の元気な1万5千に蹂躙され西軍は総崩れ、吉継は戦死、秀家は背後の山中へ壊走した。

秀秋が山を下りると同時に、家康も本陣を関ヶ原のど真ん中に移した。
陣馬野と云われる場所である。

残るは三成本陣のみ 徳川軍の諸隊、ここぞとばかりに攻めに攻めた。
結果は惨憺たるもの、三成も北国街道へ壊走した。

この時点で関ヶ原の戦いは終結である。
と、思ったが 終わっていない隊がいた。
島津義久隊である。
戦いを避けて、戦場の真ん中に居座っていた。
終わってみれば、周りは徳川軍だらけであった。

こうなれば、大谷隊のいた山間の狭い道を近江方面へ逃げるのが常道だが、徳川兵が一杯いる。
同じいるならと云うことで、広い方へ進軍、徳川軍の隙間突破の選択をした。

徳川軍は伏兵が出たと云うことで混乱した。。
しかし敵は少人数と見るや、次々に襲いかかる。
島津も混乱の中、一塊となって防御しながら逃げた。
二千いたと云う軍が、抜け出た時には、三百になっていた。
島津隊は途中、宇喜多秀家を拾い、海路伊勢から鹿児島まで帰り着いたのであった。

戦犯として捕らえられた石田三成、小西行長、毛利の軍僧安国寺恵瓊は、家康の命にて、処刑されたと云われている。

関ヶ原は終わった。

しかし、このように狭く戦うのに不適当な関ヶ原を家康はなぜ選んだのであろうか?

この対決は官僚派の三成と武断派の諸大名との対立と云われている。
三成は秀吉存命の頃は虎の威を借る狐でよかったが、秀吉亡き後、自らが秀吉になったつもりで差配した。
当然のことながら諸大名との対立が深まる。
しかし、大人の前田利家がいたので、
「まあ、まあ、まあ、…」
となだめ役を買ってくれたが、その利家が亡くなってしまい、その後、対立が激化し、三成暗殺騒動が起こった。
家康は三成の職を解き、地元に帰らせたのであった。

三成がいると、大坂城はややこしい。
この機会に三成派いや反家康派を亡きものに、と家康が思ったのは当然であろう。

そして家康は仕掛けた。
上杉征伐のために江戸に下降した大坂留守の際に、家康の狙い通り三成が挙兵してくれた。

戦いの場所は何処にするのか?
三成は岐阜美濃で待ちうける積りで大垣城とその周辺に陣を張った。
岐阜城には信長の孫、織田信秀(三法師)が西軍でいてくれる。
織田・豊臣対徳川の図式を描き、諸侯の西軍参戦は当然あるべきだと信じていた。
軍勢の人数と云い、拠点の城ありと云い、三成は有利に展開すると考えていた。

一方、家康は本多正信に話した。
「野原での攻城戦には多くの兵が要るが、これ以上の動員は無理じゃなあ。各地で戦闘中じゃからなあ」
上杉対伊達・最上の戦いを始め、各所で戦いが起こっていた。
九州、四国・中国、近畿丹後…。

「城攻めだと長期戦も辞さずの覚悟か? 長引く間に一旦寝返ったやつらが、戦況如何で逆に寝返るかも知れん? 紙切れ一枚で寝返った奴らじゃ、信用は出来ん。短期戦で行きたいものじゃ。正信、何か作戦はないかのう?」
「御意、殿の御心配はそのようにと存ずる。一つだけ策がござる」
「なんじゃ、申してみよ!」
「それは、我が軍は大垣を横目に見て京大阪へ向かうのでござる。中仙道をそのままに…。いや、その策を敵軍に漏らすのでござる」
「そんなもので勝てるのか?」

「それだけでは何とも…。秘策がござる。小早川の大軍を関ヶ原の山に配するのでござる。関ヶ原は狭い土地故、集中戦になって、一日もあれば勝負がつくはず。三成は小早川の軍が寝返っている事を知らずにいる由、必ずやその近くに、陣を張ること必定でござろう」

「なるほどな…、それは理にかなったり!! 正信、お前の悪智恵も一流になったのう…。早速、金吾に連絡せい!!」

その後、小早川隊が大垣を離れ、関ヶ原の南縁の松尾山に陣を張ったのであった。
小早川隊一万五千がいないと戦にならないと踏んだ三成、小早川隊移動の報を受け、全軍に関ヶ原への布陣指令を出した。
そして、小早川隊と三成本隊とで関ヶ原を包み込ように、笹尾山に本陣を設けたのであった。
前日の夜のことである。

翌日、家康・正信の目論見通りの、超短期戦が展開され、目論見通りの勝ち戦となったのであったのは、云うまでもない。

最後に筆者の意見を言わせて頂く…。
三成の目的が見えてこない。
目標の無いところには、何も生まれなかった。
単なる憤懣だったのだろうか?
そんなものに、ついて来る者は少なかった。

家康ははっきりした目標を立てていた。
目標を明確にすれば、人は付いてくる。
わかり易く解き明かして、こまめに根回しをする。
勝てたのは、当然の事であろうと思われる。

〔完〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です