金閣、正式には鹿苑寺舎利殿と云う。
臨済宗相国寺の塔頭であり、足利義満は譲り受けた北山の西園寺家の山荘地に、1397年、夢窓疎石の手により設計施工させたと云う。

義満が征夷大将軍の宣下を受け、第3代の足利将軍に就任した時は、まだ天皇家が南北に分かれていた時代であった。
義満の足利将軍の宣下は北朝の後光厳天皇により行われた。

義満は南朝の主力支配地である九州地方を攻める傍ら、北朝と幕府の足固めを行った。
寺院政策として、鎌倉に習い五山の制度を定めるとともに、幕府の政庁を御所の北側、自らの邸宅に移した。
「花の御所」と云われる。
室町通りに面していたので、後の歴史家は室町幕府/室町時代と名付けている。

義満は将軍にふさわしい、豪勇の人物であったと云う。
義満は内大臣、左大臣など官位の昇進を続け、武家の最高位である源氏長者に初めてなり、名実ともに公武両勢力の頂点に昇り詰めたのであった。
この奢りが後に不幸を招くことになるのであるが・・。

この時が室町幕府と義満政権が絶頂期に昇り詰める花道であったが、南朝の存在だけが気がかりであった。
そこでまず、この南北朝の解消に力を注ぐことになる。

1392年には南朝勢力が全国的に衰微したため義満は大内義弘を仲介に南朝方と交渉を進め、双方が交互に天皇に即位する事を条件として、和平を成立させた。
南朝の天皇は後亀山天皇、保持していた三種の神器を渋々北朝に渡し、南朝が解消され、南北合一されたことになった。

58年にわたる朝廷の併立は解消されたことになった。
しかし、交互に天皇になると云う和解条件であったが、南朝方が再び皇位を得ることはなかった。
政治の場面での違約はよくある話である。

その後、義満は中国唐の時代から途絶えていた中国明貿易を開始し、日本の近代化にも力を注いだのであった。

金閣寺創建の頃、将軍職は既に嫡子の義持に譲ってはいたが、義満は金閣寺を政庁とし、実権は握っていた。

金閣舎利殿は三層構造で、下層が寝殿造り、中層が武家造り、上層が禅宗様で、天辺に鳳凰となっている。
これは公家の上に武家があり、更にその上に、義満がいるということを表しているそうである。

義満はこの金閣寺/北山第で国家的宗教行事なども執り行った。
政治も宗教も義満の手にあり、唯一無二の支配者、まさに天皇を超える存在になっていたのである。
世間では、秦の始皇帝を目指しているかの様であると言われた。

金閣寺には紫寝殿や殿上の間もあって、さながら御所がここに移ったかの
様相であったそうである。

余談であるが、義満が建てた相国寺には当時七重の塔があって、その高さは東寺五重塔の2倍近くあったと云う。
それも北山第に移築させ、この大塔は義満の権勢の象徴になっていた。

義満は四代将軍義持よりも、義持の異母弟の義嗣を大いに可愛がっていた。
後小松天皇の北山第への行幸の折りの盃の順は、天皇、次に義嗣、その後に公卿の順であった。
義嗣は親王に準ずる扱いをさせ、更に内裏にて元服式を執り行ったと云う。
結構無茶なことを平気で行ったそうである。

しかし、義嗣「親王」が誕生した翌日に、義満はにわかに発病して、
山門・寺門をはじめ顕密五山で加持祈祷が行われたが、その甲斐も無く、
一週間を待たずに亡くなってしまったとのことではある。

義満の皇位簒奪は、その道の半ばで、義満の急死という偶然に助けられて、防がれたのであった。

しかし天下を謳歌している真っ最中に病気になり、急死するものであろうか?
これには、とある手による暗殺とのことも考えられるが、深入りはしない。

将軍義持も父の義満を嫌っていた。
義満が死去した後、金閣寺は正室北山院日野康子が住むところとなったが、康子の没後は舎利殿/金閣だけを残して、義持の手により全て取り壊されたと云う。

また、義満の死後は、義持は自らのカラーで政治をすることにしたと云う。そのため、幕祖尊氏が作った頃の幕府に戻し、更に明貿易も中止にしてしまったのである。

義持は子の義量(よしかず)を次期将軍に立てたが、早死にしてしまった。
再度将軍を立てる必要ができ、義持の弟4名を候補者とし、京都南部の
石清水八幡宮にて籤(くじ)を引いて決めたそうである。
籤と云えばいい加減な感じがするが、時代が時代、神のご宣託に従うと云うことであり、そう不思議なことでもない。

籤に当選したのは天台宗開闢以来の逸材と云われた天台座主義円であった。
僧籍から還俗させ、元服し官位が与えられ、翌年第6代将軍義教となった。

この義教は、九州平定や関東平定など、強烈な個性でやり遂げた。
更に出身の比叡山をも武力で囲み、僧たちに自決・炎上させたりもした。
また、日明貿易も復活させ、幕府の中央集権を義満時代のように高めたのであった。

しかし義教は苛烈な性格で、些細なことでも激怒し、厳しい処断を行った。
武家や公家のみならず商人までも、罪あれば殺してしまう恐怖政治を敷いた。
悪御所と云われ、最期は守護の赤松満祐(みつすけ)に、関東平定の祝宴の席で殺されてしまったと云われる。

次期将軍に義教の子、義勝が立てられたが、1年で早世してしまった。
その弟8歳の義政が立てられ、元服の年に将軍に宣下された。
義政は当初は、義満や義教の政治体制・権力を復活させようと努力したが、取り巻きの管領、守護や正室富子の実家日野家の力が強く、困難を極めた。

当時の管領や守護大名の家には家督争いが絶えなかった。
常にどこかで紛糾しており、将軍が最終決断するのだが、政治とは直接関係がなく、決めはするものの、良きにはからえ状態であった。

ことは管領畠山家の家督相続から起こった。
京都の上御霊神社に立てこもった畠山長政を畠山長就(ながなり)が襲ったのである。
長就方には山名宗全が加担したが、長政方には頼みの細川勝元が、この段階では動かなかった。
従ってこの戦いでは、長政方が敗戦したが、これで終わらなかった。

将軍家でも継承争いが、時を同じくして起こっていたのであった。
子がない義政は、出家していた弟、義視(よしみ)を還俗させて後継者と決めていた。
そこに正室日野富子が男子義尚(よしひさ)を出産し、それを将軍にしようとした。

義視の後見には、管領を務めた実力者の細川勝元を決めていた。
一方、日野富子は実力者の山名宗全に義尚の後見を依頼した。

応仁の乱の勃発である。

戦いが始まると、将軍義政は早々と室町政庁を離れ、近くの別の屋敷に
移ってしまった。
政庁には日野富子や義尚、その取り巻きが残り、将軍然として政務を行ったと云う。

富子は傲慢な悪女のように云われているが、財政的なセンスは抜群で、
戦時中であっても、それを上手く利用して財産を作り幕府を支えたと云う。
また、天皇家をも支援する余裕があったと云う。

もし富子が只の傲慢なだけであったなら、幕府はこの時点で倒産であった。

戦いは最初は、京都在住の武家や豪族が敵味方に分かれて戦った。
山名宗全に味方するものは西軍、細川勝元に味方するものは東軍と云われ、両大将の屋敷が、堀川を挟んで対峙していたことがその所以である。

京都の戦地には約27万人の戦闘員が集まったという。
この後の時代の、天下分け目の関ヶ原の戦いでは16万人、大坂夏の陣
では23万人であるから、それ以上の人員である。

もちろん金閣寺も西軍の陣所になった。
京都の寺という寺は陣所になったので、炎上は必至であったのは頷ける。

また、戦いはまたたく間に、全国いたるところへ広がった。
それは、日頃から鬱積していた隣国トラブルが、一挙に噴き出したと云うことであろう。
申し訳ないたとえであるが、スポーツの全国大会の予選が各地で行われて
いるような様相であったと思われる。

この時から武家や豪族は、戦うことへの生きがいと失望、それに財政難を繰り返しながら、数年間の戦いが続くのであった。

歴史上でもこの戦いの意義・意味は曖昧である。
ただ京都が焼け野原となり、都や幕府に魅力を感じなくなった武家は去っていったのであった。
国全体が厭世状態となった。主人を失った浪人も数多く出た。

当初は戦闘も勢いがあった。 そこここで戦いが勃発した。
しかし、数年間続いた戦いも、山名、細川ともが病没すると、こう着状態となってしまった。
おまけに将軍も義政から義尚に譲られると、自然消滅状態となり、両軍とも軍を引いてしまい、終結となったということである。

しかしこの間、地方では隣国との領土の奪い合いが真剣に行われていた。
その結果が、戦国時代を戦い抜くベースとはなったが、主役は入れ替わり、その家来衆や浪人衆の中から生まれてきたのであった。
これらのことが、その後の戦乱・戦国の世に引き継がれていくのである。

さて、政務を富子と将軍義尚に任せていた義政であるが、やはり大したことはしなかった様である。
一説によると、酒色や風流事に溺れていたと云う話もある。

応仁の乱の後、義政は東山にある乱で荒廃した浄土寺の跡地(現在の銀閣寺)に東山殿を建てることになる。

当時は応仁の乱が終わった直後のことで、都の経済は疲弊していた。
義政は庶民に臨時の税や労役を課して東山殿の造営を進め、書画や茶の湯に親しむ風流な生活を送ったと云う。
しかし、富子は一切の資金は出さなかったと云うことである。

義政は完成を待たずに移り住んだと云う。
銀閣には銀箔が張られる予定だったと云うが、財政不足並びに完成を待たずに義政が死去したため、そのままになってしまったそうである。

東山殿は義政の死後、相国寺の塔頭となり、慈照寺と改められた。
尚、戦国時代末期には前関白近衛前久の別荘にもなったが、前久の死後は
再び相国寺の塔頭として再興されたと云う。

足利幕府はこの後は衰退の一途を辿り、16代義昭まで続くことにはなるが、
戦国武将たちに利用される価値はあったものの、主役として歴史の表に出てくる場面はなくなったのであった。

まつりごと、政治と云うものは、個人や血縁だけで支えて行くものではなく、家臣や同盟者を含めた盤石の体制で支えなければ、かえって混乱を起こすという手本になったのではないかと思われる。

後続する武将の方々には、良く心していただきたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です