落柿舎という草庵は、京都嵯峨小倉山の麓、二尊院の林の外れにあり、
庵の前は田畑、四季折々の山野の移ろいが、感じられる場所にある。
ご存知、松尾芭蕉の弟子、蕉門十哲の一である向井去来の別宅である。

向井去来は長崎の出身で武家である。
父親が儒医・天文学者であり、25歳の時に、父について上洛し、
儒医・天文学を学んだという。
過ごしているうちに、五条の遊女と世帯を持って、それからはもっぱら俳諧に深入りしたそうである。

去来は嵯峨野の魅力に惹かれ、この地に庵を建てた。
頃は江戸初期、1600年代後半のことである。

この庵には、40本もの柿の木があった。
たわわになっている柿を見て、ある商人が先払いで全て買い付けたのだが、その夜に大風が吹いて、柿の実が全て落下してしまった。
困り果てた商人に、
「これは貴殿に責任は無い」
と、去来は気持ちよく、全額返金したという。

このこと以来、去来は自ら、この庵を「落柿舎」と名付けた。

去来は、この落柿舎を俳人だけでなく、農夫や町人も出入りする俳句道場とし、俳句以外に、よろず相談ごとにも応じてたという。
人間味ある暖かい人物であった。

『柿主や 梢はちかき あらし山 去来』
の句碑が庭園の一隅にある。

他にもこの落柿舎には、今昔多くの歌人の句碑が立っている。
まさに、俳句の殿堂という趣がある。

筆者のような、侘び寂び風流を理解し得ない人間でも、気分には浸れる。

この落柿舎にはこのような制札が掲げられている。
云い得て、妙である。

「落柿舎制札」
1.我家の俳諧に遊ぶへし、世の理屈を謂うべからず
1.雑魚寝には心得あるべし、大鼾をかくべからず
1.朝夕かたく精進を思うべし、魚鳥を忌むにはあらず
1.速に灰吹きを棄つべし、煙草を嫌うにはあらず
1.隣の据膳を待つべし、火の用心にはあらず
右條々
俳諧奉行 向井去来

去来一流のユーモアに思える。

この落柿舎の北100mぐらいのところに、多くの歌碑に囲まれて、『去来』とだけ刻した、小さな墓標がある。
また、その近くには、西行法師が利用したと云われる西行井戸もあって、
庵もあったそうである。

句碑は落柿舎にある。
『牡鹿なく 小倉の山の すそ近み
ただ独りすむ わが心かな  西行』
否が応でも、雰囲気を醸し出している。

芭蕉は去来を弟子の中では一番信頼していた。
生涯に3度訪れて、2度目の訪問の時に『嵯峨日記』を著した。

芭蕉は4月18日から5月4日まで、嵯峨野を歩いたり、やってくる知人、弟子達と楽しく毎日を過ごしたようである。

去る日の前日に、
『明日は落柿舎を出でんと名残をしかれば、奥・口の一間々々を見廻りて、五月雨や 色紙剥ぎたる 壁の跡  芭蕉 』
で締めくくっている。
よほど、気に入ったようである。

芭蕉は落柿舎を後にして、大津粟津義仲寺の庵、無名庵に戻った。
1691年5月のことであった。

余談であるが、この無名庵、義仲の妻、巴御前が夫の菩提を弔うために建立、名付けたものである。

こののち、芭蕉は江戸に行き、深川に新しい芭蕉庵を建築するなどで、
忙しい日々を過ごした。

3年後の春、故郷伊賀の上野に戻った芭蕉は、落柿舎を始め、京都、大津などを廻ったのであった。

その年の9月になって、上野から大坂への旅に出かけた。
大坂の門人、之道と酒堂の仲が悪くなっているので、その仲を取り持つために行ったのであった。

大坂では芭蕉は酒堂の家に先ず入り、その後、之道の家に移っている。
その時芭蕉は10日間ほど、悪寒・頭痛に悩まされたのであった。

薬のお陰か、気分も良くなったので、月末近くには俳席にも出た。
その時の吟は、
『秋深し 隣は何を する人ぞ  芭蕉』 であった。

この後も、これを発句として俳席が行われたが、芭蕉は病床に臥してしまった。

10月になり病状更に悪化、いよいよ差し迫り、近隣畿内の門弟達に急が
告げられた。

病床にて、気力を振り絞り、
『旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る 芭蕉 』
と詠んだ。

芭蕉はいよいよを感じたとき、遺言は口述でしたためられた。
10月12日、多くの弟子達に見守られながら帰らぬ人になってしまった。
この大坂への旅が、芭蕉最後の旅になったのである。
このとき芭蕉は、51歳であった。

翌日、芭蕉の遺骸は、去来を始め多くの弟子達に伴われ、淀川を遡り、
大津の義仲寺に到着、葬儀が営まれた。
その後、遺言通りに源義仲の墓の隣に埋葬されたのであった。

芭蕉の忌日は「時雨忌」と呼ばれ、毎年11月に法要が営まれている。

「俳諧の 旅は浪花に 留まれり」

「竹はやし 柿の落つ見ゆ いほりかな」

〔完〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です