歴史というものは、支配者・勝者の歴史であると言っても過言ではない。
勝った者たちが、メディアを握ってしまう、それはそれで止むを得ない。

勝者には、勝者として相応しいものが、数多く残っているが、敗者には、敗者に相応しいものしか、残されない。

真実の検証は、困難であるのが常である。

本能寺の変の1年前の、信長絶好調の時代に遡る。

都にて、天皇や公家や将軍家に信長の威光を見せつけるべく、一大デモ、「御馬揃え」、なるものを御所の内裏の「東」で行った。

この行事には、正親町天皇を始め皇族方のご臨席を仰ぐとともに、近衛前久など公家方ももちろん参列した 信長軍武将の馬上パレードである。
このイベントの運営責任者は当然ながら、信長軍の京都守護役明智光秀であった。

まさに、信長の天下を威武するものであった。

「素晴らしい眺めじゃ・・。 ここまでよく来たもんじゃ」
と独り言・・、信長はこれ以上無いというほどの、上機嫌であった。

しかし、この有頂天の信長とは裏腹に、天子や公家は、臍をかんでいた。
「これは、臣下の礼を取れと云うことではないか・・」
「信長め・・、今に見ておれ・・」
この日を境に、三たび目の信長包囲網が、形成されて行くのである。

この章の主人公、光秀は、この「御馬揃え」の数ヶ月前に、今で云う
イベント企画書を信長に出したのである。
中身は、
『パレードは内裏の南、建礼門前、武将は馬、他は徒歩』
であった。
信長はそれを一蹴、挙行された通りの構想を光秀に指示した。
光秀は、「それはあまりに畏れ多い 御一考を・・」
と言ったが、また、一蹴された。
信長の性格を知り抜いている光秀、「御意」と・・・。

信長包囲網の1度目は、武田信玄の上洛に合わせて、2度目は、上杉謙信の上洛に合わせて、それぞれ反信長勢力が呼応した動きをした。

今までの2度の失敗から、秘密裏に進めること、また、正面切っての戦いではなく、不意を襲うこと、暗黙のうちに方向は決められていた。

誰が、この包囲網に加わって行くかである。
興味はあるが、水面下であるため、分かりようがない。

公家連中の怒りは、集結しているはずである。
それに、将軍義昭は、必ず居るはずである。
信長配下の武将は誰もいない。  いない筈である。

先の御馬揃えにて、天皇に軍を観閲頂いた時点で、信長軍は官軍となった。
何事にも筋を通す信長、各地への侵攻に、これ以上はない大義名分が出来た。

爾来、北陸富山、丹後、中国、和歌山高野山、そして武田、各地で戦った。
そして、勝利を収めて行くのであった。

天正10年6月、亀山城の光秀は、明日の出陣の準備に、忙しかった。

半月ほど前、安土城で家康の接待役で、忙しい日々を過ごしていたが、信長に突然、
「6月にもなれば、四国攻めをする 光秀も来い」
と、言われた。
「家康のことはもういい 御仁は、明日から、大坂見物じゃ」
「早々に、準備・出立せよ」
と云われて、帰城し、準備に余念がなかったのであった。

ご承知かと思うが、光秀は京都の守護役、信長の京都滞在中は、部下が、いつもは周辺を固めていた。

しかし、明日からは、亀岡に光秀軍が不在となるため、警護部隊を屈強なメンバーに入れ替えて、隊長を娘婿・秀満にして、少人数でも守れるように、しようとしていた。

明るいうちに交代を、としていたが、準備が整わず、交代部隊の出発が夜遅くになってしまった。

そこに、隙があった  そこを狙われた。

守備隊は約200名である。
老ノ坂の峠を越えて、京都の町が見えるようになったころ、早馬が向かってきた。
「お館様が襲われた、・・」
全員が、走り出した 本能寺に向けて駆けに駆けた。

焼け焦げていた 爆発もあったのか 本堂は跡かたもなかった。
お館様を探したが、見つからなかった。

遠目に眺めている、町びとに聞いてみた。

「夜明け前の寅の刻じゃった、突然本能寺が燃え上がり、暫く見てると大爆発、瓦の破片がここまで飛んできた」
「上手い具合に、下火になってくれた  何が起こったのかのう?」
「何でも、黒い影が、門を外から、固めていたそうな・・」
「わしらが来た時には、ここいら辺には、誰もいなかった」

口々に、様子が話されるが、確定は出来なかった。

先ほどの早馬、そのまま、お城・亀山城へ駆けた。
「本能寺で、戦闘・・・!?」
一瞬、きょとんとした光秀、
「直ぐ出発じゃ、総員、京都じゃ」
隙を衝かれたためであろうか、慌てふためいて、光秀と、従う数名、もう走り出した。

亀山城の面々、混乱の中、全員京都へ集結したのは、一刻後であった。

もう、信長を襲った者たちの影も形も何もなかった。

それからの数日、光秀は多忙を極めた。
信長が急逝したので、その代理政務をおこなうべく、安土へ真っ先に行った。

政治を行うのではない 情報網のコントロールである。
信長配下の武将たちは、各地で転戦中、この隙を衝いて、反信長勢力が、いつなんどき、襲ってくるかも知れない。
逝去を伏せること、これを真っ先にやった。

但し、大坂堺港で、四国攻めのため待機中の、三男信孝、丹羽長秀だけには、状況連絡した。

安土、京都、そして亀山、軍を3分して、守備を固めていったのであった。
それこそ、戦々恐々の状態であった。

あわただしく、一週間が過ぎた。

光秀はまだ安土にいた。

そこに、勅命が届けられた。

『逆賊が大坂から攻め上ぼって来る これを征伐せよ』

「逆賊は誰だ?」と聞いた 「秀吉!」との答え。

「まさか?」とは思ったが、命令とあらば、行かなければならない。
とりあえず、長岡に向かって、発進した。
「禁裏の謀略の可能性ありや」、とは思ったが、どうすることもできない。

安土の軍はそのまま残して、京都と亀山の部隊で護ることにした。
援軍も入れて、8千ぐらいなら行けると踏んだ。
京への南の入口で護ることにした。
「長岡・勝竜寺に集結せよ」 と命令を発した。

自軍だけでは、5千ぐらいしかない、近隣の、細川、筒井を始め、高山、中川など、主だった者に、
「逆賊を討つ、援軍所望」、と願い状を送った。

山崎で防御することにした 隘路を先ず封鎖した。
その日は布陣で終わった。
急な行軍・布陣のため、準備は万端ではなかったが・・・。
確か信長が襲われて、10日後の6月12日のことであった。

あくる13日の朝、近隣の、高山隊、中川隊の軍旗が見えた。
援軍に来てくれたと思って、守備隊先鋒の斎藤隊が通そうと思った。
その時、なんと、襲いかかって来たのである。

彼ら、高山や中川隊は、経験もなく、そんなに強くはない。  軽く退けた。
それから、昼ごろまで、加勢もあり、押したり引いたりで、小競り合いを
続けたのであった。

それは、秀吉の策略であった。
本体到着までの時間稼ぎ、それに、天王山の占領、この2つが必須であった。

天王山は戦場を間近に見下ろす絶好の場所、これを取らない手はない。
天王山に陣取った秀吉、小高い所に物見を出し、一斉攻撃の合図に、
織田の旗と秀吉の旗を立てさせた。
この場所、今でも旗立て松と云われている。見晴らしの良い場所である。

秀吉の言い分は、信長公の弔い合戦、名目上の大将に織田信孝を担いでいる。

『主信長を殺めたのは、光秀』
秀吉から、四方八方に言いふらされていた いつもの手である。
世間にも、弔い合戦との見方が既にできていた。

光秀の所にも、そういう話があちこちから聞こえて来ていた。
「違う」と宣言しても、もう伝える手段もない。

勝負はまたたく間についた。
一斉攻撃から約2時間、光秀守備隊は、任務を放棄して、壊走せざるを得なかった。

一旦、勝竜寺城へは入ったが、守れるような城ではない。
夜陰にまぎれて、やむを得ず、亀山城に向けて、皆、壊走した。

2万を擁する秀吉の軍、この後も、光秀軍を追走する。
亀山城を襲って、系累者は皆殺し、坂本城も襲う、それはもう凄まじいものであった。
これにて、明智の系累は途絶えたと云われている。

さて、光秀はというと、嵐山のとある寺院を目指した。
信仰深い光秀のこと、かねてより寺院並びに住職と親交を深めていたのであるが・・・・、
住職からは、「ここは、危険じゃ・・」と言われ、「ここなら・・」と、寺を指し示された。
桂川を南に渡って、蔵泉寺と言う尼寺に隠れることになった。

しかし、ここで疑問が出てくる。

現在、亀岡市の谷性寺にある、光秀の首塚は何?

光秀はこの寺の不動明王をこよなく愛していた この不動の側で永眠したいとは、 かねてからの願いであった。

この時代のこと、事態を想定して、あらかじめ首塚を準備していたのであった。
この首塚、お堂の不動さんの前にあるが、お堂の方を向いていない。

お参りする人が、不動さんに背を向けることになるため、横向きである。
いかにも、人思いの光秀らしい配慮である。

もう一つの疑問、秀吉、山崎の合戦への、彼の情熱と中国大返しのこと。

秀吉は、情報網・諜報網の構築には、余念がなかった。
第3次信長包囲網の動きにも、もちろん、スパイを送り込んでいた。
更に、大坂にいる信長子息の信孝と丹羽長秀周辺にも送り込んでいた。

いち早く、本能寺の連絡を受けると、光秀の主殺しの風評の撒き散らした。
それによって摂津にいる光秀派の高山や中川の寝返り、更には、近隣諸侯の反光秀行動、仕上げは、肝心の信孝・丹羽を足留めし、京都に行かせない工作をしたのである。

これらのことが、全てを決めると思っていた。

そして、13日の朝の秀吉到着まで、高山と中川の力で、摂津にて、信孝と丹羽を釘付けにし、待たせたのであった。

もちろん、秀吉のこと、金はある  沿道への兵糧の備えは完璧である。
それと武具は、海路で運ばせた 万が一到着が遅れても、四国攻め用のものを使えばよかったので、総勢、空身での移動であった。

1週間で200kmの移動、これは楽に可能な線であったろうと思われる。
歴史に言われる中国大返し、大返しでも何でもない。
一日に30km程度の移動で、十分であったのである。

そして、信長の殺人者光秀を 秀吉が見事討ったことになったのであった。

こう上手いこと進むと、秀吉も信長包囲網の中にいて、仕組んでいたのか?、
と錯覚を起しそうではある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です