戦国時代、極悪非道の梟雄と云われた男がいた。
京阪奈で活躍した松永弾正とも松永久秀とも呼ばれた男である。

出身は齊藤道三と同じ現在の長岡京市、西ノ岡。
しかし、元々の故郷ではない。道三もそうだが、応仁の乱で職場を失った多くの武士達がこの頃、田畑を耕しながらこの地で生活していたそうである。
その係累である

少年時代は山城の竹売り商いをして家計を助けていたと云う。
しかし、武士の子は武士、道三先輩を見習って、国盗り物語、第2弾を目論んでいた。

この戦国の世の中、領地も生産手段も持たずに、武将にのし上がろうとすれば、略奪、殺人、武力を背景にした居座り、人の道に外れたことをする以外に方法はなかった。

齊藤道三この久秀、あるいは信長・秀吉 皆そうであった。
手荒いことを平気で行ってきた。
こういうことが、歴史上で許されていた時代である。

久秀は信長にとって見れば、少し先をゆく手本のような存在であった。
久秀が用意してくれた京都に上手く信長を入らせてくれた。
従って信長は多少の恩義を感じている。

後日、盟友として家康にも自慢した。
「弾正殿はのう、三好の主君を亡き者にしたばかりか、将軍までも殺め、おまけに大仏までも焼いた豪傑よの」
信長は先を行く手本のような先輩として、一目置いていたのであった。

久秀のしたと云われること、本当か嘘かは分からない
しかしこの言葉が久秀をして、極悪非道の梟雄に仕立てたことは間違いない。

それはさておき、当時は、信玄、謙信、信長の上洛ブーム。
三好一族と久秀は複雑な動きをしていた。

信玄が上洛するといっては信玄に呼応、謙信が来るといっては謙信に呼応、結局、最後には信長に呼応することになるのだが…。

一時は京にも覇権があった三好衆ではあるが、この頃になると、三好は内紛が絶えなかった。
三好も含めて久秀側には金もないし、人も無い、つまり勢いがなかったのである。

信長が上洛してきた時、すんなり受け入れた。
その代わり、京都周辺の支配権を我がものにして、信長の勢いに乗って、再興を図ろうと目論んでいたのである。
正解である。

久秀は、大和北部の支配を強めるために、奈良北部の大仏殿の北西の高台に多聞山城を作った。
天守を抱いた城である。
この城や後で出てくる信貴山城の天守閣は、後の信長の安土城の見事な天主のさきがけとなったと云われている。

大和には、土着の豪族、筒井一族がいる。
奈良盆地の中央にある筒井城を根城に大和を治めていたが、久秀が大和に入ってきてからは多くの小競り合いがあった。

大和の西山信貴山と北大和に陣取る久秀、筒井の喉元に短剣を突きつけたような格好である。

三好の仲たがいにより、三好の当主義継が松永の所に転がり込んできた。
三好の一族の、もう一方の三好三人衆はこれに眼をつけた。
筒井と結託して、松永久秀と義継を攻めようと云うものである。

久秀の多聞山城攻撃に移るべく、東大寺に陣取った。

6ヶ月もの長い戦いになった。
有名な大仏殿の戦いである。

三好衆同士の遺恨戦争よろしきもので、筒井は始めから真面目に戦う気はなかった。
戦い半ばで、筒井城に逃げ帰ってしまったのである。

松永は終盤で敵の本陣東大寺を奇襲して、見事に勝利を収めたのであった。

そして戦後も、小競り合いは続いた。
機を見るに敏なる信長、援軍を差し向け勝利を完璧なものにしてやった。

これを機に信長は上洛を果たす。
花を添えた形になったのである。

云うまでも無い。
久秀は信長に恭順の意を表わし、大和国国主に任じられたのであった。

将軍義昭と信長の対立により、義昭は信長討伐軍を組織した。
久秀はこれに参画したが、事前に全て信長に発覚することとなった。
久秀は許されはしたものの、大和の支配権を取り上げられた。

その後、程なく筒井が信長にどう取り入ったのか、大和の守護になった。
久秀は筒井のような策ばかり弄する男は大嫌いである。
今までも一切の協力関係はなかった。

その頃、上杉謙信が上洛するという動きを、察知した久秀は、本願寺の顕如と結託して信長に対立した。
雪のためか他の何かのためか上洛中断となり、久秀の信長に対する立場は益々苦しくなった。
またもや信長の怒りをかってしまった。
今度はどうにもならない。
「こうなった以上、これまで」
決断も早い。

ちまちました工作は好まない久秀、あっさりと居城の信貴山城へ篭り、備えを強化した。
信貴山は生駒連山の南端、大和川に程近く大和・河内を一望できる要害である。
信長は久秀の説得に使者を遣わしたが、久秀は会いもしなかった。

天正5年(本能寺変の5年前)、10月5日、織田信忠を大将とする織田軍4万が戦闘を起した。
織田軍主力には、光秀、秀吉、細川幽斎など、有力武将が多数いた。

もちろん、先鋒は筒井順慶であることは、云うまでも無い。
悪賢い順慶は信貴山城内に元部下の鉄砲隊を内応者として送り込んでいた。

松永の守備隊は、それでも八千、先ず信貴山の麓から上まで、立てこもることが出来る施設を焼いた。
河内柏原からのの登山口にあった「瑠璃光寺」、七堂伽藍の大寺院であったが、このとき最初に炎上した。
大和側からの登山口である「朝護孫子寺」のあの毘沙門堂も炎上した。

信長軍は、手始めに、王寺の片岡城を攻め落とした。
この片岡城、地の片岡氏から久秀が奪ったもので、大和川の対岸の守りを固めていたものであった。

余談ではあるが、久秀の墓は片岡一族の墓と並んで、片岡城の麓、達磨寺にあるのは、何とも不思議なものである。
後の地元の人たちが弔って設けたものであろう。
久秀のは小さい墓で、片岡一族に比べればかなり見劣りはする。

信貴山城は難攻不落の城、山道も険しく大軍が一時に押し寄せることは出来ない。

少数ずつで、攻め登るしか手は無い。
だから守備軍が少数でも十分戦えた。
戦線は膠着して動かない日々が続いた。

消耗戦になるかと思われたころ、城内で火の手が上がった。
筒井の隠し玉である。
「不覚だった」
とは一瞬思ったが、仕方が無い。

城内は混乱した。
消火は難しい。
燃えるに任せるということは、負けるに任せるということである。

これまでと見た松永久秀・久通親子、自爆自害した。
愛用の名器『平蜘蛛茶釜』を被って自害したと云われる。

あっけない、そして久秀らしい最後であった。

「秋空に 狼煙か夢か 信貴の城」

〔完〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です