一族は北面の武士から応仁の乱にも参戦し、そして浪人となった家系に育った斎藤道三、美濃のマムシと云われる男の話である。

道三はあの天王山で知られる山崎の北隣、今で云う長岡京市で生まれた。
実家の生活苦により寺奉公に出されその寺も経営難、リストラで出され、生家に戻って来た二十歳そこそこの若者、その名を「法蓮坊」と云った。

当時、山崎に嵯峨天皇の離宮の跡に建てられた神社、離宮八幡宮があった。
この八幡宮、元々境内は広かった。
天王山山裾から淀川べりにあった相応寺までいれると、山崎の街を横断する形であった。

当時の山崎、大阪からの行き帰りの淀川水路から京都方面の陸路への、荷物の集散ターミナル、大きな港町が出来上がっていた。
「山崎の津」と呼ばれた。

京都や近江、越前や美濃の産物を関西から中国・四国へ、また逆に西の産物を京や東へと、物資豊富な市であった。

専門的に商品を扱い利ザヤを稼ぐ、問屋も勃興してきたころである。
なかでも灯油や竹材はこの地の特産で利も大きかった。

その山崎の街、今朝から特段の賑わいを見せていた。
それは年一回の八幡宮の例祭の日、老若男女、動きが軽快だった。

道三法蓮坊は京の妙顕寺での厳しい修行で世間知らずになってる。
「町では賑やかだと云うし、世の中どうなってんだ?」
「俺は、食い扶持も無くなって、今日明日をどう生きるかが、問題なのに…」
八幡宮にやって来た。  多くの人出である。

「おお~い、峰丸じゃないか? ここで何をしておる? 里帰りで、祭り見物か? お寺はどうじゃ?」
幼馴染の善丸の声、今は八幡宮の神官である。

「お寺はお払い箱だ…。今は浪々の身だ…」
「することは、何もないのか?」
「何もない」

「丁度、良かった。この人出だ。こっちは人出不足。手伝ってくれんかのう? 神官の格好をして、祝詞をあげる真似をしてくれれば助かる」
「お経ならな…。祝詞は無理だよ」
「お経も、祝詞も同じだ。得意の所をやってくれればいい。手当ははずむぞ…」

話は直ぐに決まった。
元々美男子の上に清楚な装いの法蓮坊、ひときわ目立つ神官ぶりであった。

一日目は、忙しく終わった。
そのまま神社に泊り、善丸と呑みながら話に花が咲いた。
「峰丸よ、これからどうするんだ?」
「あてはない。ここを見てると綺麗に着飾った女子もちらほらいるな。 羽振りがよさそうだ」

「それはな、油や竹問屋の大店の女子たちだ。結構儲けている。神社への寄進もシッカリで、助かってる。 他にも荷さばきや金貸しも、それなりに…。しばらくここに居ろよ!」

話はまだまだ続くが…

ここで、少し説明、
この時代、明かりは荏胡麻油(えごま油)で灯していた。
この離宮八幡宮は、灯油の専売権を朝廷から与えられていた。
油の製法をここの神官が発明したので、そうなっていたのである。
油問屋は神社から免許をもらい、各国に売り歩いた。
東は美濃、西は讃岐までに及んだ。
この油のセールスマンのことを「神人(じにん)」と呼んだ。

この峰丸・法蓮坊に気を留めた女子がいた。
門前の油問屋、奈良屋の娘である。
しおらしく、店の繁盛とわが身の幸せをお祈りに来ていた。
乳母と番頭と連れだって来ていた。

初めて見るカッコ良い神官がいた。
番頭に、
「あれは、何と申すものじゃ、尋ねてまいれ!」
「ここの大神主が申すには、仏僧あがりの神官とのことでございまする。近在の武士の何とか申す者の子息だそうです」
「名は?」
「そこまでは…、すんまへん」

数日して峰丸に婿入り話が持ち上がった。
油問屋へのである。

峰丸は、考えた。
「こらからは、金の世の中になるなァ。ここらで金儲けに方向転換するか。」

無事婿入りを果たし、大店の若旦那となった。

しかし峰丸は、じっとしているのが嫌いな性分、自らも油売りに出かけることにした。
「神人」法蓮坊の誕生である。

僧・神官であり大店若主人、それに口もたつ腕もたつ、それに、帝の免許も持っている。
天下無敵、怖いもの無しになった。

何処へ行っても油は高い値で売れた。
今までの店の儲けに加えて、法蓮坊の分が大きくプラスとなった。
店は義父とシッカリした我が女房が仕切ってるから安泰である。

「支店を出すことにするか」
そう思って諸国の情報を集めた。
あちこち行ったりした。

美濃の土岐氏の一族、土岐頼芸の側室深芳野、土岐家に行くたび深芳野は手代を手なずけていたのか、都度、「油の吟味」と云っては相手してくれた。

もちろん法蓮坊も好きな女のためには、上から下まで金はばらまいてある。
しばしの逢瀬も楽しめるようにはなっていた。

経済基盤も美濃は申し分ない。
農業も豊かで産物も多い。
海が無いから人もおとなしい。

土岐家の家来の長井なにがしというものの屋敷の一部を借りて、出先とすることにした。
しばらくは販路拡大に取り組んだ。
儲かってしようがない。
長井には禄以上もの賃料を惜しげも無く支払った。

もちろん美濃や尾張をいつも歩いている。
武家の情報やら、もめごとの情報も、凄い量が集まった。
そのような話を、長井や時には土岐にも伝わるようにサービスした。

美濃守護をめぐって、土岐家の兄頼政と弟頼芸がいつも争っている
「これに上手く噛んでいけば、美濃の守護位にはなれるかも知れん。」
そう思うようになった。

あるとき頼芸から呼ばれた。
法蓮坊はすでに西村利政と名乗っている。
もちろん、長井の推挙である。

「お主は情報通らしいのう…。ここだけの話じゃが…、」
と、頼政謀殺のことを相談された。

「それは…。時期を待たれた方が…」

数日して、頼芸から呼び出しを受けた。
「そろそろ、どうじゃ、頼政のこと…」
「お屋形様も気がお短いと、見えなさる」
と法蓮坊。

「その前に、長井のこと、なにやかやワシに反対する。守護代がそれでは、皆の者に示しがつかん。そこで相談じゃが…」
「皆まで申されるな…、その代わりと言っては何じゃが、深芳野殿をいただけまいか?」
「何?」
としばらく詰まったが、
「必ずな…」
と、頼芸は答えたのであった。

道三西村はしばらくして、長井利政と名乗るようになった。

もちろん、長井屋敷の主人となり、深芳野も、ここへ…来ている。
長井の知行地、それに守護代という役職もそっくり頂きである。
もちろん稲葉山城も…。

頼芸の願いを入れて頼政を追い出して、頼芸を名実ともに美濃の守護にした。

しかし程無くして、頼芸をも追い出してしまい、
道三斎藤と称し、美濃の国主の座に就いたのであった。

国盗り物語の完成である。

更に正室として、明智一族、明智光秀の叔母、小見の方を迎え、信長と長い契りを結ぶべく、愛娘、明智の血を引く濃姫を信長の正室へと…、押しも押されもされぬ、美濃の国主となったのである。

その後、道三は家督を子の斎藤義龍へ譲り、鷺山城に隠居した。
しかし道三は義龍の弟の孫四郎や喜平の方を溺愛したため、義龍の廃嫡を考え始めたという。

道三と義龍の不和は顕在化し、義龍は弟たちを殺害し、道三に対して挙兵した。

道三は義龍と長良川畔で戦った。
国を盗まれたと恨む土岐家旧家臣は誰も参軍せず、僅かの兵しかいなかったため、義龍にあっけなく敗れたと云う。
娘婿の信長が援軍を出したが、時すでに遅しだった。

この敗戦の間際、道三は、
「義龍めは、あんなに戦いが上手かったのか」
と、息子義龍の戦い方に驚き、自らの不明を悔やんだと云う。

死ぬ直前、道三は信長に宛て「美濃の国を譲る」という遺言を託したと云うが、こんなものは何の役にも立たない。

また、道三は首を討たれた際、鼻も削がれたという惨い仕打ちにもあった。
しかしながら、道三の首は義龍方の道三の旧臣の手で、手厚く葬られたのであった。

その後、義龍は斎藤家の跡取りとして、室町幕府にも認められ、官職にも就いた。
しかし、父親殺しの汚名から逃れられなかった。
そのことを有耶無耶にするために、母深芳野の実家の姓、一色左京大夫を名乗ったと云う。
岐阜国主として信長の侵攻を何度も退けたことは、父道三譲りの強運な面もあったが、美濃三人衆と云う有能な部下たちがいた賜物であろう。

何でもありの戦国時代が、始まって行くのであった。

〔完〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です