京都の街中から、松原通りを東へ、鴨川を松原大橋で渡り、もっと東へ行くと、東山に至る。
その松原通りが東山に突き当たった所が、よく御存じの清水寺である。

鴨川を東へ渡ったあたりは、六原あるいは六波羅、もっと古くは、しゃれこうべの髑髏(どくろ)原と呼ばれ、かつては、京の葬送の地、鳥辺野の入口にあたり、多くの寺院が存在していた。

今は奥嵯峨にある愛宕(おたぎ)念仏寺も、ここにあった。
鎌倉幕府の六波羅探題もこの場所にあったと云われる。

そして、松原通りと南北の道の交差点は「六道の辻」と呼ばれ、寺院あり伝説もありで、現在でも何やら不思議な雰囲気の漂う処である。

千本刀獲りのあの弁慶が牛若丸を日々待ち伏せして、負かされたのもこの場所。
五条の橋の上で待ち伏せしたのと話もあるが、それは後世の作り話。
当時は五条には橋は無かったのである。

六道の辻には、西国三十三ヶ所参りで有名な六波羅密寺もある。

変わった飴屋さんもある。
幟に「幽霊子育飴」と書いている。

ある夜、この飴屋に飴を買いに来たお嬢さんがいた。
髪の長い汚らしい着物姿で、一文銭を持って、「飴下さいな」と入ってきた。

主人は追い返そうと思ったが、あまりにも憐れに思い、飴を売ったのであった。
次の夜も次の夜も、やって来て、六日間も続いた。
七日目になって、
「お金がないので、この着物で売って下さいな」と、立派だが
湿っぽい着物を差し出した。
主人は、まあいいかと思ってその着物と交換に、飴を渡したのであった。

あくる日、その着物を店先で干していると、それを見て大店の主人らしき者が入って来て言うには、
「この着物を、何処で手に入れたのか? この着物は亡くなった娘に、死出の旅に持たせたものじゃ…」
店の主人は、
「かくかく、しかじかで…」
と話した。

「銭も六文、持たせたのだが…。そうだったか…」
早速、墓場へ行った。
すると、赤ん坊の泣き声が聞こえ、赤ん坊が飴を舐めていたのであった。

それ以来、幽霊子育飴と云われ、今でもそのネーミングで販売されている。
ちなみに、味は微妙だが、カンロ飴を想像してもらうと、近いと思われる。

もう一つ、有名な伝説がある。
六道の辻の清水寺寄りに、六道珍皇寺という寺がある。
変わった名前の寺だが、この寺に、小野篁(たかむら)伝説が残っている。

小野篁と云う人、名前からして小野一族である。
そして賢人でもある。
あの遣隋使、小野妹子の子孫でもある。
また、小野道風や小野小町は篁の孫と云われる。

百人一首にも、
『わたの原 八十島かけて 漕ぎ出ぬと
人には告げよ 海人の釣り船』
と歌っている。

平安時代の初めの頃のことである。
小野篁は朝廷の要職にあり、遣唐副使に任命された。

遣唐正使、藤原常嗣の乗る船に欠陥が発見されたため、篁の乗る予定の船と取り替えよ、との勅命が出された。
「そんな危険な目にあうこと、できる訳はない。」
と、篁は遣唐使に行くことを拒否したと云う。

そして、疑問を感じていた遣唐使制度を批判する「西道謡」を作ったそうである。

その結果、天皇から隠岐島流しの刑が下され、海路、難波津より隠岐へ向かった。
その道中、都のことを思い、詠んだのがこの歌と云われる。

ここまでは、真面目な話…。
篁(たかむら)伝説は、これだけでは終わらない。

六道珍皇寺の庭園の一角に、小野篁の冥土通いの井戸と云われるものがある。
かつて篁は、亡き母に会うために、この珍皇寺を訪れ、この井戸に入ったのが、最初であったと云われる。

そのうちに篁は、閻魔大王の招きにより、毎夜、この井戸から地獄の閻魔宮へ通い、閻魔裁判の補助をしていたと云われている。
朝になると、同じ京の葬送の地の一つ、蓮台野の入口にある千本閻魔堂の井戸から、現世に帰って来たと云われるが、しかし、帰りの井戸には諸説ある。

篁が遣唐副使を辞退した時、島流しの刑になったのであったが、そのとき、藤原良相(よしみ)という右大臣が篁を弁護した。
一年半経って赦免され、篁が京に帰還した時から、良相とは親交を結び、感謝が絶えなかったと云う。

その後、篁は参議、良相は右大臣になったが、 良相は運悪く重病を患い、他界したのであった。
良相は、直ちに閻魔王の使者に捉まえられ、閻魔王宮に連れて行かれ、罪を決める裁判にかけられた。

その時のこと…。
良相が前を見ると、なんと閻魔王宮の周りの居並ぶ中に篁がいるではないか。
「なんで篁が、こんな処に? 夢か、幻か?」
目配ばせしたが、篁は無表情。
「何が始まるのか?」
と心配が昂まってきたころ・・・。

やおら立ち上がった篁は閻魔王に、
「この者は、心正しき者である。私めに免じて許されよ。」

閻魔王、一瞬、何だ何だと思ったが、
「篁の申し出ならば、罪を許してもよかろう。速やかに返すべし。」
と、良相を捕らえてきた者に指図したのであった。
これにより、良相は生き返り、病気も回復したと云う。

後日の朝廷でのこと…、

良相は、篁のそばへ行き、あのときの閻魔王宮でのことを尋ねたと云う。
「あの折のことは忘れ難い。あれは如何なる事であったのか?」
「先年、良相大臣は吾輩のために弁護してくれた。そのお礼までである。 このことは他言無用にされたし。」

良相大臣は、何も言わなかったが、閻魔王宮の臣であると云う篁のことは、またたく間に風聞として、広がった。
以来、冥土に通う閻魔王宮の臣、篁は都の人々に恐れられたのであった。

最後は軽いエピソードに触れる。
嵯峨天皇在位の時のこと。
『無悪善』と書かれた札が、何者かにより内裏に立てられていた。

天皇は、お気に入りの篁を呼び出し、「これを読んで見よ」問うた。
「読みまするが、しかし畏れ多いことでござる。あえて申し上げますまい。」
「かまわず申せ。」
と、天皇が言うので、

篁は、
「さがなくて、よからん。 即ち、帝を呪い申しているのでござる。」

「悪」という文字は「さが」という読みがあり、篁は、「悪」は「嵯峨」を
表していると考えたのであった。
無悪善、すなわち、悪(嵯峨)無(なくて)善(よからん) である。

篁の答えを聞いた嵯峨天皇が言った。
「お前以外に誰が書こうか!」
「そうお思いになろうから、申し上げますまいと申したのでござる。」
篁がそう答えると、天皇は、
「それでは何でも書いたものなら読めるというのだな!」
「何でもお読み申し上げまする。」

すると天皇は「子」という文字を12個続けて書いた。
『子子子子子子子子子子子子』
「ならば、これを読んで見よ!」

篁は、
「猫の子の子の子猫、獅子の子の子獅子」
と、読んだ。
「子」は、この時代も、「ね」「こ」「し」と読んでいた。
嵯峨天皇は篁をお咎めなしとしたのであった。

六道の辻のあたりは長い間、髑髏(どくろ)町と云われた。
あまりにも、おどろおどしい名前であるため、江戸時代、徳川幕府の京都所司代の手により、当時焼き物の轆轤(ろくろ)工人が多かったことから、轆轤町と改められ、西南の角の所は今も、轆轤町と云われている。

この辺り、かつてより、京焼・清水焼の拠点でもあった。
少し南の五条通りの若宮八幡宮には、陶器の神も祀られている。

「六道に 霊気漂う 今もなほ
冥途行きあり 幽霊もあり」
〔完〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です