1

新田義貞の鎌倉倒幕に上手く便乗して京都にやってきたが、ていよく後醍醐天皇に追い出されてしまった足利尊氏(高氏)は九州にて再起を期し、大軍を擁して瀬戸の海路を通って、兵庫湊川まで上って来た。

史上最大の上陸作戦である。
これに対する宮方、新田義貞、楠正成の軍と激しい戦闘の末、楠軍を撃破、敵の総崩れに乗じ無事上陸、京へ向かった。

時は1336年、建武の新政の直後である。

尊氏には考え抜いた末の用意万端の備えがあった。

この時代の武家は、兼業農家である。
戦の結果で土地を奪われることを不可とし、合戦には勝ちそうな方に味方するのが、習いであった。
義によって見方する時代は後200年も以後の話しである。

戦いは勢いのある方が勝った。
勢いのある方に皆がついて行くからである。

勝負は互角と判断した場合は、一族を両軍に分けて、その後の流れで強い方に合流するということも常であった。

しかし京の都では、もう一つ条件が加わり、それだけではなかった。
天皇のために戦うのが官軍、反するのは賊軍という区別がはっきりしており、天皇方につくのが良しとされた。

さて、話を尊氏に戻そう。
賊軍として九州に下野した高氏、官軍への秘策を用意していた。

当時、天皇家では即位をめぐって、後醍醐の大覚寺統と寺明院統との激しい確執があった。

「これに、乗らない手はない」と…。

九州に向かう前に、既に光厳上皇の詔を頂いていた。
その弟を光明天皇として即位させる密約であった。

「これで、完璧だ。条件は全て揃った。ただ一つ、義貞だけが邪魔になる。あいつを亡きものにせんと…」

高氏と義貞、同じ清和源氏の出で、八幡太郎義家の子、義国の子孫、おまけに、居宅も栃木の足利郡と群馬の新田郡、遠いような感じを受けるが、現在は電車で2~3駅、隣町である。
もちろん、幼少のころからの大ライバルである。
ただ足利は渡良瀬川流域の肥沃な農地、新田は赤土で、あまり農耕には適さない。

土地が2人の性格を、戦略に長けた高氏、武闘に長けた義貞と、彼らをを作り上げたのだった。

さて、高氏は官軍となり援軍を集め京都まで来たが、九州からの長旅で取り巻きも兵も疲れ切っていた。
高氏軍は都の入口、東寺に本陣を定め、20万の大軍を休めようと配備を終えたところであった。

高氏と京で最後の決戦であると決めていた義貞、前からの官軍2万の兵で東寺に向けて、北から二隊、東から一隊、途中小競り合いをしながら、東寺門前まで軍を進めた。

尊氏の本陣は東寺の本堂と踏んでいた義貞、池庭を挟んだ最寄りの東門へ陣取った。

「やい、高氏!! 聞こえているか?
今日が、貴様との最後の勝負と決めてやって来た。
出てこい、高氏!
一騎打ちを所望じゃ!!」
と、ここぞとばかりのばかでかい声が寺中に響きわたった。

返事はない。

一呼吸置いて数十本の矢が本堂向けて、ピュンピュンと飛んだ。
季節は6月末、暑い京都である。
本堂の扉は開け放なたれていた
矢の2本が本堂内へ、うち一本は柱に深く突き刺さった。

高氏はその矢の下で、重鎮と軍議中であった。
スクッと立った尊氏、
「義貞め! 来たか!!  馬引け!」
もう廊下まで駆け出していた。

尊氏の袖を捉まえた家臣がいた。
上杉重能である。

「尊氏殿、何を血迷うておられる…。
義貞ごときと差し違えて何とするものか?
御身は天下を控えた大事な身、馬鹿なことは許しませんぞ」
と、必死に食い下がる上杉であった。

「義貞を打ち取る絶好の機会じゃ! 行くぞ!
邪魔をするな!」
もう、東門を挟む所まで来ていた。

「門を開けぇい!!」

閂につかまって、離さぬ上杉
「この、上杉めを、斬ってから行きなされ…。
どうぞ、斬って行きなされ…」

尊氏は、
「軍議、再開!」と小声で言ったのであった。

この時、この門が開いていたら、日本の歴史は大きく変わっていたに違いない。

東寺ではこの時以来、この門は開けていない
不開門(あかずのもん)である。
未だに開いていない

この後、高氏は光明天皇の詔で征夷大将軍に任じられた。
足利幕府の発足である。

と同時に、南北に分かれた天皇家の時代の発足でもあった。

義貞軍は元気を取り戻した高氏軍に追撃され、近江坂本まで敗走した。

「悠久の 歴史を眺む 東寺塔
よしなしごとの 思いや如何に」

〔とノ段 完〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です