京の出口から大阪へ向かう鳥羽街道、わりに聞き慣れた名前である。

京の都、平安京の中央を南北に朱雀大路が貫いていたが、その平安京の南の玄関口、羅城門を抜け出たとたんに、その道は鳥羽街道と名前を変える。

鳥羽街道とは京と大坂を結ぶ街道の一部で、羅城門から淀・納所のあたりまでを云う。
それから先は渡しを過ぎ、石清水八幡宮のあたりから京街道・枚方街道となり、京阪電車に沿って淀川左岸を大阪城の北の入口・京橋口へと向かう。

鳥羽街道、今の通りの名で言うと「千本通り」がそれにあたる。

南へと南下する鳥羽街道、往時を偲ぶものはあまり残っていない。
一部、昔の町屋が見られる程度である。
もっと南、鴨川の近くまで来ると、京の六地蔵さんの一つで知られる恋塚浄禅寺という寺に至る。

恋塚とは平安時代末期、かの袈裟(けさ)御前に横恋慕した北面の武士・遠藤盛遠に、袈裟御前が夫に代わって首を刎ねられたと云う事件があった。
後に遠藤は己の非道を恥じ出家した。
そして彼女の菩提を弔うため、この寺にお堂を設けたと云う逸話が語り継がれている所である。

恋塚浄禅寺を過ぎて更に南に辿ると、街道は鴨川を大きく迂回して渡る。
渡った付近は白河上皇が院政を執り行うために開いた鳥羽の院御所、その東隣は京の南の守り城南宮である。

鳥羽院御所は天皇が退位して上皇となり、院宣と云う形で朝廷に指示・命令を出したと云う院政の政庁であった。
院政は室町時代まで続けられたが、実質は平安時代末期の平家滅亡までだったと云われる。

余談ではあるが、この院御所の守備隊が北面の武士、おそらく最初の職業的な武士であろうと思われる。

この付近に、明治維新の頃、鳥羽・伏見の戦いが開始されたこと示す石標が設けられている。

鳥羽・伏見の戦いは、旧徳川幕府軍と新政府軍との長い戦い、戊辰戦争の始まりにあたる戦いであった。

少し遡って、経緯を見てみる。

ことは長州藩から始まる。
幕末の時、長州藩は主役にのし上がろうと、一部の公家と手を結んでいた。
三条家を中心とした公家たちで、勝手に天皇の勅命とかを偽造し横暴を極めていたと云われる。
れを孝明天皇が嗅ぎつけることになり、御所から長州藩を追い出すように、と云う勅命が下った。

時の京都守護職、会津の松平容保は三条実美らとともに長州藩を御所出入り禁止にして追い出した。
8月18日の政変と云う。

これで黙っている長州藩ではない
次の年、
「長州藩の有志が、慶喜と容保を殺害し、孝明天皇を誘拐することをたくらんでいる」
と云う情報が新撰組に入った。
探索した結果、河原町付近の池田屋でその謀議をしていることを突き止め、逮捕に向かったのであった。
当然に斬り合いとなり、新撰組や会津藩にも死者は出たが、あくる日にかけて全員を殺傷・捕縛したという。(池田屋事件)

これで頭に来た長州藩、軍を御所へ差し向け天皇誘拐をたくらんだ。
見事に近代兵器で西洋式軍隊さながらの武装をしている。
ヨーロッパから導入したことは一目瞭然、
「何が、攘夷じゃ・・ 」
と皆笑ったという。

近代兵器では会津藩も守りは難しい。
何せ旧式の武器だからである。
そこに、有難いことに薩摩藩が御所守備陣に加わった。
これも近代兵器で武装している。
たちまち、長州兵を追い払い、御所は守られた(蛤御門の変)。
しかしこの戦で、京の町には焼け跡だけが残ったのであった。

実はこの時、薩摩の西郷隆盛はどちらに付こうか戦況を見ていたのであった。
長州に付いて賊軍として勝利を収めても、後がややこしい。官軍に付くことで、「天皇・禁裏に恩を売るべし」そう判断したのであったが…。

「このままでは、昔に戻ってしまう」
そう憂えた土佐の坂本竜馬やその周辺の人たちがいた。
地下活動もしながら精力的に動いていた。
その狙いは「徳川や会津を外す」の一点であった。

この竜馬達の努力が実り、薩長同盟が成立した。
それを知ってか、将軍家茂は病没し、代わって慶喜が15代徳川将軍となった。
次いで孝明天皇も崩御した。
一説には、暗殺されたとの見方もあるが、それには深入りしない。

親幕府派は、孝明天皇の崩御により流れはが変わってしまったのであった。
徳川の出る幕は無くなったと判断した慶喜は土佐藩からの建白書を受けて、1867年の末に大政奉還を決定し、幕府は解散となった。
松平容保の京都守護職、更には新撰組も解任・解散となった。

しかし御前会議では慶喜はリーダー的存在で、これからもこの体制が続くものと考えられていた。

これを良しとしない薩摩始め数藩がクーデターを起こし、そして慶喜を追放した。
止むを得ず旧幕府は大坂に退去したのであった。

クーデター直後は倒幕派であった薩摩・長州の発言力は強かったが、
時間と共に徳川に同情的な勢力が増えて行き、力関係は逆転しつつあった。
旧幕府を再び仲間に加える寸前まで来ていた。

しかし、ここは薩摩が動く。
薩摩が江戸で旧幕府軍を挑発し、戦争に持ち込もうと策略していた。
藩士や浪人達による火付け、強盗などを頻繁に起こし、旧幕府を激昂させようとした。
その効果あって旧幕府軍は挑発に乗ってくれた。
江戸の薩摩藩邸を攻撃してきたので、直ちに戦線布告をした。

戦わずして元のさやに収まる寸前まで来ていた慶喜はこの戦線布告を聞いてほぞを咬み、止むなく武力を背景に京へ上ることになったのである。
これが戊辰戦争、鳥羽伏見の戦いである。

その戦いはどうであったのか?

旧幕府軍は14,000の兵、新政府軍は4000の兵。
兵の数から云ったら、旧幕府軍が圧勝である。
旧幕府軍は既に勝った気分で、会津藩士、桑名藩士を先頭に、大坂から京を目指し、鳥羽街道と伏見街道の二手に分けて進軍した。

そして旧院御所付近や城南宮にて待ち伏せしていた新政府軍と出くわした。
どちらからともなく発砲した。
開戦である。
新政府軍は2倍3倍量の弾丸を撃って来る。

幕府軍は前進できないどころか、後退を余儀なくされる。
街道筋を行軍しているので、先頭付近しか戦闘出来ない。
大軍は無用の長物であった。

鳥羽街道の銃声を聞いて伏見街道でも戦闘が始まった。
戦況は同じである。
旧幕府軍にそれなりの指揮官がいたら良かったのだが、新撰組の土方や見回り組の佐々木など、戦争を指揮したことのない連中しかいない。
個人戦は強くても団体戦などしたこともない。

更に悪いことに官軍の錦の御旗が新政府軍の陣地に立った。
予め用意していたものを朝廷の許可を得たということである。

伏見も後退を余儀なくされた。
旧幕府軍は一旦淀城まで引いた。
籠城できるよう掛け合ったが、門は閉ざされたままであった。
旧幕府軍は既に賊軍であるというのがその理由である。
仕方なく更に南へ、八幡の石清水八幡宮のある男山まで引いて陣を張った。

しかし、淀川の向こうの山崎には津藩が大砲陣地を構えていた。
そこから撃ち込まれたのだから堪らない。
旧幕府軍は浮き足だった。
大坂目指して逃げた。
さらに、慶喜、容保、酒井ら旧幕府要人らは船に乗って江戸まで逃げ帰った。
それを聞いて諸兵も大阪をあとに、散り散りバラバラになって戦は終結した。

この日を持って旧幕府は国際的に承認された唯一の日本政府としての地位を失った。
また旧幕府は朝敵とされ、朝廷において慶喜追討令が出されたのである。

しかし、江戸城はまだ健在だった。
江戸に着いて暫らくしたころ、容保は慶喜に呼び出された。
「江戸城から離れて、会津に戻るが良かろう…。新政府軍は会津を攻めるらしい。藩主がいなくて、戦ができるかどうか…」
「御意、直ちに会津に帰り戦に臨もうと存ずる。将軍も健吾にあられよ…」
と、挨拶もそこそこに退去した。

実は慶喜はこの事態は全て会津の仕組んだ事と片付け、再度、新政府に接近しようとしたのであったが、そんなに上手く行くものではない。

容保本人は、
「徳川本家とはこんなものだったのか。こんなものを守ろうとしたのか」
と失意にて江戸を後にしたと云う。

攻め上って来る政府軍は会津にも押し寄せた。
少年の白虎隊、女子薙刀の「娘子軍」まで出て戦ったが、会津の城は落城した。
会津藩も滅亡した。
悲惨であった。

その後の箱館戦争終結で旧幕府は消滅し、戊辰戦争も終結したのであった。

鳥羽街道に端を発した戦いは江戸幕府を壊滅させる戦いであった。

戊辰戦争、鳥羽伏見の戦いの跡地を見て更に南下する。

先ほどと同じ名前のような寺がある。恋塚寺と云う。
山門は庵の門のような形をしている。珍しい。
やはり袈裟御前の逸話に係わると云う。ここには御前の墓所がある。
この寺は先ほどの遠藤盛遠改め、文覚上人が建立したと云う謂れがある。

もっと南下する。道は鴨川の左岸土手に出る。納所(のうそ)に近づいた所に、
妙教寺という寺が道奥にある。
この寺の中には淀古城、あの淀君の名前の由来、国松の出産のために住んだという淀城の跡がある。
この城は立派な天守も城下町もあったと云うが、淀君退出の後、完全に破壊され、今は遺構は何も残っていない。

街道も終わりに近づく。
納所の交差点に出たところで、鳥羽街道は終点である。
交差点の付近には、新淀城の石垣が残っていて、少しは目を楽しませてくれる。

ここは京阪電車の淀駅。
駅に隣接して、またもやJRAの巨大な競馬場、京都競馬場があった。
今回の街道巡り、良く競馬場に遭遇するのは、何かの縁だろうか?

「徳川の 復活賭けた 鳥羽の道
淀の河原の 露と消え行く」
〔完〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です